神戸市長田区の痴漢事件で逮捕 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

2016-12-15

神戸市長田区の痴漢事件で逮捕 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

神戸市長田区のAさん(30代男性)は、最寄駅のホームでVさん(20代女性)に対して、1年半にわたり、臀部を触るといった痴漢行為をしました。
その後、Aさんは痴漢の容疑で、兵庫県長田警察署逮捕されました。
Aさんの母は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

痴漢について】
痴漢行為については、各自治体が定める条例によって禁止されています。
兵庫県では、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(以下、迷惑防止条例と表記)が成立しています。
公共の場所又は公共の乗物において、痴漢行為のような、人に不安を覚えさせるような卑わいな言動を行なった場合には、迷惑防止条例違反が成立し、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。
本事例ではAさんは、1年半にわたって、痴漢行為をしており、常習として違反行為をしたと見なされ、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処される可能性があります。

不起訴に向けて】
本事例のAさんは、接見に来た弁護士に対して、心より反省している旨を伝え、せめてもの被害軽減を目指し、示談に動いてほしいと頼みました。
被害者の方に対し、示談等によって、被害回復を行なうことは、不起訴獲得のための大きな一歩です。
弁護士に早期に相談することで、被害者の方との間を取り持ち、示談交渉を進めることが可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市長田区痴漢事件で逮捕されてしまいお困りの方、不起訴獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県長田警察署までの初回接見費用:35,200円)