神戸市長田区の逃走事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-09

神戸市長田区の逃走事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

勾留中のAさん(30代男性)は、神戸地方裁判所での公判後、兵庫県長田警察署に戻る途中に逃げ出しました。
Aさんがいないことに気が付いた警察官が捜索を行い、その後、神戸市長田区の道路でAさんを捕まえました。
Aさんの妻は法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

逃走罪とは】
Aさんの行動はどのような犯罪にあたるのでしょうか。
裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者が逃走した場合、逃走罪が成立します。
一旦収監された以上は、公判廷に護送中であったとしても、拘禁された者であると評価されます。
しかし、逮捕状により、現行犯人として逮捕された者は本条に書かれている「拘禁された者」ではありません。
また、「逃走」の定義ですが、「看守者の実力的支配を脱すること」を脱することを指し、一時的であれ、完全に離脱すれば既遂となります。
よって、追跡を受けることなく、監獄の外壁を乗り越えた場合は既遂となりますが、外壁を乗り越えても、追跡を受けている間はまだ拘禁状態から離脱したとはいえず、未遂にすぎないと評価されます。
逃走罪に問われた場合、懲役1年以下に処される可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市長田区逃走事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県長田警察署までの初回接見費用:35,200円)