神戸市須磨区の酒気帯び運転事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

2016-09-21

神戸市須磨区の酒気帯び運転事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

神戸市須磨区のAくん(18歳男子)は、お酒を飲んで、自動車を運転しました。
その結果、Aくんは兵庫県須磨警察署に酒気帯び運転の容疑で逮捕されました。
Aくんの両親は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

酒気帯び運転について》
酒気帯び運転については、道路交通法に定められています。
道路交通法では、酒気帯びである者に車両を提供すること、自動車を運転する者に酒を勧めること、酒気帯びである者の自動車に同乗することも禁止されています。
また、未成年者飲酒禁止法で、未成年が飲酒することは禁止されています。
なお、未成年者飲酒禁止法では、未成年者自身が飲酒することを知りながら、未成年者に酒類を販売・供与した営業者や、未成年者の飲酒を知って制止しなかった親権者や監督代行者に対して、罰則を設けています。

少年事件について》
少年事件で非常に重要であるのが環境調整です。
どのような環境調整をどれほど行うかは、事案によって、様々です。
付添人(弁護士)の個性や実力が問われる分野と言えるでしょう。
少年の声をしっかりと聞き取り、要保護性の解消のために何が必要であるかを、付添人(弁護士)は慎重に考える必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市須磨区酒気帯び運転事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
(兵庫県須磨警察署までの初回接見費用:36,100円)