神戸市垂水区の過失運転致傷事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-09-15

神戸市垂水区の過失運転致傷事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

Aさん(40代男性)は、神戸市垂水区の道路でわき見した際に、横断歩道を歩いていたVさん(20代女性)と軽く接触し、Vさんは全治8日の怪我を負いました。
その後、Aさんは過失運転致傷の容疑で兵庫県垂水警察署逮捕されました。
Aさんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

過失運転致傷
過失運転致傷については、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律で定められています。
自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処される可能性があります。
ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができるとされています。

刑事事件について》
本事例では、Vさんの処罰感情は強くありませんでした。
そこで、弁護士は「寛大な心で相手を許す」という宥恕条項を盛り込んだ示談交渉を行ない、無事に示談は成立しました。
示談成立に加えて、Aさん自身も初犯で十分に反省していることも手伝い、Aさんは執行猶予処分を獲得することができました。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市垂水区過失運転致傷事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県垂水警察署までの初回接見費用:37,800円)