神戸市東灘区の侮辱事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-08-06

神戸市東灘区の侮辱事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

Aさん(30代男性)は、「同僚V(20代女性)はひどい浮気女だ」と書かれた紙を神戸市東灘区にある会社内の掲示板に張り付けました。
怒ったVさんに「兵庫県東灘警察署侮辱の容疑で告訴する」と言われたAさんは、逮捕されるのではと不安になり、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

侮辱罪とは》
多数人または不特定人に対して、ある人を侮辱した場合には、侮辱罪が成立します。
侮辱罪と類似した罪に、名誉毀損罪がありますが、この二つの罪の違いは「事実を摘示したかどうか」です。
「VさんとBさんがホテルに入るのを見た。二人は不倫関係にある」というような、具体的に人の社会的評価を害する事実を告げた場合には、名誉毀損罪が成立します。
今回のように「Vさんはひどい浮気女だ」と、単純に人の名誉を傷つけた場合には、侮辱罪にあたる可能性があります。

《告訴取下げについて》
侮辱罪は犯罪の性質上、起訴することでかえって被害者の名誉を傷つける恐れがあるため、公訴の提起には告訴が必要とされています。
このような罪は親告罪と呼ばれており、告訴取下げが行われた場合には検察官は起訴することはできないため、刑事罰を受けることはありません。
侮辱事件の場合には、選任された弁護士はまず被害者の方に連絡をとり、告訴取下げを盛り込んだ示談成立を目指すことになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が告訴取下げだけでなく、接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市東灘区侮辱事件で逮捕されてしまった方・告訴取下げをご依頼したい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県東灘警察署までの初回接見費用:35,200円)