神戸市東灘区の淫行勧誘事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-12-04

神戸市東灘区の淫行勧誘事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

神戸市東灘区のAさん(40代男性)は、OLだったVさん(20代女性)を勧誘し、自身が経営する売春宿で働かせていました。
その後、Aさんは淫行勧誘の容疑で、兵庫県東灘警察署逮捕されました。
Aさんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

淫行勧誘とは】
淫行勧誘罪はあまり耳なじみのない罪名かもしれません。
営利の目的で、淫行の常習のない女子を勧誘して姦淫させた場合、淫行勧誘罪が成立し、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処される可能性があります。
淫行勧誘罪の保護法益は、「女性の性的自由」を目的としているという説と「健全な性風俗の保護」を目的としている説があります。
淫行勧誘罪は「営利目的で勧誘すること」を罰する法律であり、例えば、性的な満足のためだけに、勧誘し姦淫させた場合には、淫行勧誘罪は成立しません。
なお、売春防止法の制定により、淫行勧誘罪が適用される例はほとんどないのが現状です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市東灘区淫行勧誘事件で逮捕されてしまい、お困りの方、不起訴を獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県東灘警察署までの初回接見費用:35,200円)