神戸市灘区の大麻取締法違反で逮捕 保護観察に強い少年事件専門の弁護士

2016-11-18

神戸市灘区の大麻取締法違反で逮捕 保護観察に強い少年事件専門の弁護士

神戸市灘区在住のAくん(19歳男子)は、売る目的で、自宅で大麻を育てていました。
その後、Aくんは大麻取締法違反の容疑で、兵庫県灘警察署逮捕されました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

大麻取締法違反とは】
大麻をみだりに栽培した場合、大麻取締法違反にあたる可能性があります。
なお、営利の目的で、栽培した場合の方が、刑罰は重くなります。
大麻取締法では他にも輸出入・所持・譲受・譲渡を禁止していますが、使用については罰則がありません。

保護観察について】
保護観察中には、保護観察の対象者全員が遵守しなければいけない一般遵守事項と、保護観察対象者ごとに求められる特別遵守事項があります。
一般遵守事項の内容は、更生保護法で定められており、下記となります。
①再犯・再非行をしないように健全な生活態度を保持すること
保護観察官等の呼出し・訪問・面接に応じ、労働又は通学の状況、収入又は支出の状況、家庭環境、交友関係その他の生活の実態を示す事実の提出が求められた場合には応じること
③住居を定め、保護観察所の長に届出をすること
④届出に係る住居に居住すること
⑤転居又は七日以上の旅行をするときは、あらかじめ、保護観察所の長の許可を受けること

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市灘区大麻取締法違反事件で逮捕されてお困りの方・保護観察処分にしてほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県灘警察署までの初回接見費用:37,800円)