神戸市西区の建造物侵入事件で逮捕 身柄解放活動に強い刑事事件専門の弁護士

2017-03-01

神戸市西区の建造物侵入事件で逮捕 身柄解放活動に強い刑事事件専門の弁護士

神戸市西区に住むAは、数日前まで勤めていた会社に幾つか私物を置き忘れてしまったことに気づき、夜中に許可なく会社に入り、置き忘れた私物を探していました。
巡回していた警備員に見つかり、通報を受けた神戸西警察署から駆け付けた警官に同警察署まで連行されました。
警察から連絡を受けたAの母親が、なんとか釈放してほしいと刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に相談の電話をしました。
(このお話は、フィクションです。)

建造物侵入罪
建造物侵入罪とは、正当な理由がないのに、人の看守する建造物に侵入した場合に成立します。
建造物侵入罪で起訴された場合、3年以下の懲役または10万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

身柄解放活動】
通常、逮捕から勾留までは、弁護士のみが被疑者と面会(「接見」と言います)することが認められます。
弁護士が直接面会することにより、事件の詳しい内容を聞いたうえで、身柄拘束された方は、今後の取調べの対応方法や手続きの流れ等について説明を受けることが出来ます。
そして、留置の必要がないと検察官に判断させるように、(1)証拠を隠滅しない、そして、(2)逃亡しないことを書面で主張する等、弁護士身柄解放活動を行います。
長期間身体が拘束されてしまう場合、会社や学校に事件のことが知れ渡り、今後の生活に大きく影響することも考えられます。
そのため、出来るだけ早い段階で身柄を解放してもらうことが重要になってきます。

神戸市西区建造物侵入罪逮捕された方、また、そのご家族の方、一度刑事事件専門のあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
(初回の法律相談:無料、神戸西警察署までの初回接見費用:37,400円)