兵庫県赤穂市の恐喝事件で逮捕 無罪を主張する刑事事件専門の弁護士

2016-10-30

兵庫県赤穂市の恐喝事件で逮捕 無罪を主張する刑事事件専門の弁護士

Aさんは、金欲しさから、Bさんに対して、「金を払わなければ、お前の命はないぞ」と申し向け、金30万円を交付させたとして、兵庫県警赤穂警察署の警察官に逮捕されました。
しかし、Aさんは、そのようなことをやった覚えはなく、無罪であると主張しています。
そこで、Aさんは刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に弁護を依頼しました。
(この事例はフィクションです。)

Aさんはいかなる罪で逮捕されたでしょうか。
刑法第249条1項は、「人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」と規定しています。
恐喝」とは、脅迫または暴行は手段として、その反抗を抑圧するにたりない程度に相手方を畏怖させ、財物の交付を要求することをいいます。

金を払わなければ、お前の命はないぞと申し向けたとされる事実は、人を畏怖させるにたりる害悪の告知であり、「脅迫」といえます。これを用いて30万円交付させる行為は、「恐喝」にあたります。

しかし、Aさんはそのような行為を行ったことについて身に覚えがありません。

そこでA三から依頼を受けた弁護士としては無罪主張していくことになります。
具体的には、Aにはアリバイがあることなどを主張していくことが考えられます。また、違法な証拠に基づいて逮捕された場合には、証拠を弾劾していきます。

このような主張がうまくいけば、無罪を勝ち取ることができる可能性があります。
無罪か有罪かは大変重要な事項であり、刑事事件に強い弁護士に依頼するのが妥当であると考えられます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門であり、無罪主張も数多く承っております。
兵庫県赤穂市逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までお問い合わせください。
兵庫県警赤穂警察署での初回接見費用:4万5430円)