兵庫県宝塚市の外患援助事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-17

兵庫県宝塚市の外患援助事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

兵庫県宝塚市在住の資産家Aさん(40代男性)は、某国政府が日本に武力攻撃を行なった際に、多額の資金と武器の援助を行いました。
Aさんに対し、兵庫県宝塚警察署では外患援助の適用が検討しています。
Aさんの両親は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

外患援助とは】
外患援助とはどのような罪にあたるのでしょうか。
日本国に対して、外国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えた場合は、外患援助が成立する可能性があります。
外患援助の法定刑は、死刑又は無期若しくは2年以上の懲役です。
外患援助罪は、国家の対外的存立が保護法益となっています。
しかし、外患援助罪で起訴されたケースは今までで一度もありません。
外患援助罪は、死刑が定められている数少ない法律なので、捜査機関も慎重になるのではないかと言われています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県宝塚市外患援助事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県宝塚警察署までの初回接見費用:39,000円)