兵庫県姫路市の恐喝事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

2016-09-20

兵庫県姫路市の恐喝事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

遊ぶ金が欲しかったAくん(17歳男子)は、兵庫県姫路市にある高校で、Vくん(17歳男子)に対して「金を出せ」と脅し、現金数千円を取りました。
Vくんが被害届を提出したことで事件が発覚し、Aくんは兵庫県姫路警察署恐喝の容疑で逮捕されました。
Aくんの両親は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

恐喝とは》
人を恐喝して財物を交付させた場合には、恐喝罪が成立する可能性があります。
恐喝とは、脅迫又は暴行を用いて、反抗を抑圧するに足りない程度に、相手を畏怖させて、財物の交付を要求させることを指します。
なお、恐喝罪と類似した罪で、強盗罪がありますが、強盗罪は相手方の反抗を抑圧し、財物を奪うことを指します。

少年事件について》
少年事件における、弁護士の重要な活動として「環境調整」があります。
保護者や学校との関係調整はもちろんなのですが、少年の内面への働きかけや被害者への対応等、幅広い取り組みが必要です。
弁護士と少年との間で信頼関係を築き、社会の中で更生を目指していけるように、弁護士は活動を行ないます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県姫路市恐喝事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県姫路警察署までの初回接見費用:35,600円)