兵庫県加古郡稲美町の風営法違反事件で起訴 執行猶予判決に強い刑事事件専門の弁護士

2017-01-28

兵庫県加古郡稲美町の風営法違反事件で起訴 執行猶予判決に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県加古郡稲美町に住むAさん(30代男性)は、無許可でパチンコ屋を営業し、Bさん(17歳女子)を働かせていました。
その後、Aさんは風営法違反の容疑で、兵庫県加古川警察署に逮捕され、その後起訴されました。
Aさんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

風営法違反とは】
風営法とは、正式名称は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」と言い、善良の風俗と清浄な風俗環境の保持、少年の健全な育成に障害を及ぼす行為の防止を目的としています。
風俗営業は、営業時間、営業区域、年少者の入場等について、厳しく規制されています。
風俗営業を行なおうとする場合には、風俗営業の種別に応じて、営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません。
Aさんのように、無許可で営業した場合には、風営法違反が成立し、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金または懲役と罰金の併科に処される場合があります。
また、18歳未満の者を業務に従事させた場合にも、風営法違反が成立し、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金又は懲役と罰金の併科に処される場合があります。

執行猶予判決の獲得に向けて】
執行猶予判決を獲得するためには、違反行為が軽微であることや、期間が短い・回数が少ないこと、前科・前歴が無いこと等、情状に汲むべき事情があると説明する必要があります。
また、再犯防止のために、今後どのように対応していくかについて、具体的な対策が考えられていることも重要なポイントです。
早期に弁護士に相談し、執行猶予判決の獲得に向けて、活動を依頼しましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県加古郡稲美町風営法違反事件で起訴されてしまいお困りの方・執行猶予判決を獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県加古川警察署までの初回接見費用:39,300円)