兵庫県美方郡香美町の痴漢事件で逮捕 勾留阻止に強い刑事事件専門の弁護士

2016-12-31

兵庫県美方郡香美町の痴漢事件で逮捕 勾留阻止に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県美方郡香美町在住のAさん(30代男性)は、最寄駅でVさん(20代女性)の臀部を触っていたところ、痴漢の容疑で現行犯逮捕されました。
その後、兵庫県美方警察署から「旦那さんを痴漢の容疑で逮捕した」と連絡を受けたAさんの母は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

痴漢について】
痴漢行為については、刑法ではなく、条例で禁止されています。
兵庫県では、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(以下、迷惑防止条例と表記)で、痴漢行為は禁止されており、痴漢行為を行なった場合には、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。

勾留阻止
逮捕後に、勾留決定が出された場合、10日間身柄拘束がなされた状態になります。
罪証隠滅・逃亡のおそれがある場合などで、勾留決定が出されるとされていますが、実際には検察官が勾留請求を行えば、多くの場合で裁判所は勾留決定を下しています。
早期段階で弁護士を選任し、意見書等で 勾留の理由がないことや勾留による不利益が大きいことを説明してもらうことで、勾留阻止できる可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県美方郡香美町痴漢事件で逮捕されてお困りの方、勾留阻止してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県美方警察署までの初回接見費用:弊所にお問合せ下さい)