兵庫県美方郡香美町の痴漢事件で逮捕 取調対応に強い少年事件専門の弁護士

2017-02-08

兵庫県美方郡香美町の痴漢事件で逮捕 取調対応に強い少年事件専門の弁護士

兵庫県美方郡香美町に住むAくん(17歳男子)は、通学中の電車で立ちながら居眠りをしていたら、自身の右手がVさん(30代女性)の臀部に当たりました。
Vさんが「痴漢だ」と大声を上げたため、周囲の人がAくんを取り押さえ、現行犯逮捕となりました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士に、「兵庫県美方警察署に接見に行ってほしい」と依頼しました。
(このお話はフィクションです。)

痴漢について】
電車など公共の乗物での痴漢行為については、兵庫県の公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(以下、迷惑防止条例と表記)で禁止されています。
ただ、迷惑防止条例には、直接的に、痴漢行為を禁止するとは書かれていません。
痴漢行為は、迷惑防止条例の第3条2項1号に掲げられている「人に対する、不安を覚えさせるような卑わいな言動」にあたるとされています。

取調対応について】
本事例のAくんは、痴漢行為をしようと思っていたわけではありません。
しかし、未成年のAくんが自身の主張を警察官に明確に伝えられるとは限りません。
刑事訴訟法では、「自己の意思に反して供述する必要はない」・「供述内容は、被疑者に閲覧・読み聞かせの上、内容に誤りがあるかを問わなければならない」・「被疑者が、供述内容に対して、増減変更の申立を行なった場合、その供述を調書に記載しなければならない」・「調書への署名押印は拒むことができる」と定められています。
しかし、法律知識が乏しいAくんに対し、警察は捜査のプロですから、警察の考えるシナリオ通りに、Aくんが供述してしまう可能性もあります。
被疑者の供述は重要な証拠の一つであり、弁護士から早期に、適切な取調対応をアドバイスしてもらうことは、非常に重要であると言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県美方郡香美町痴漢事件で逮捕されてしまいお困りの方・取調対応についてアドバイスしてほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県美方警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい)