兵庫県西宮市の現場助勢事件で逮捕 審判不開始に強い少年事件専門の弁護士

2016-11-26

兵庫県西宮市の現場助勢事件で逮捕 審判不開始に強い少年事件専門の弁護士

Aくん(15歳男子)は、兵庫県西宮市の路上で友人たちが殴り合いの喧嘩をしているのに対して、喧嘩に参加はしませんでしたが、「いけいけ!」と囃し立てました。
通行人が通報し、Aくんは兵庫県西宮警察署に通報し、Aくんは現場助勢の容疑で逮捕されました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

現場助勢とは】
傷害罪・傷害致死罪が行われるにあたり、現場において勢いを助けた場合、現場助勢罪が成立する可能性があります。
ここで言う「勢いを助けた」とは、野次馬的に扇動して行為者の犯罪意思を強めることを指します。
なお、自らが傷害の現場に参加した場合には、傷害罪の共同正犯または同時犯が成立する可能性があります。
また、友人が喧嘩に負けそうになっていたため、道具を渡した場合等では、傷害罪の幇助犯が成立する可能性があります。

審判不開始とは】
少年が家庭裁判所に送致された後に、調査官が少年や保護者などと面接し、非行事実や審判条件について調査を行い、どのような処分か有効・適切かを調べます。
ここで、審判を開始せずに調査のみを行なって手続きを終えることを審判不開始と言います。
上記事例のような事件は、少年が周囲に流されて、深く考えずに起こしてしまった犯罪であると言えます。
付添人は審判不開始のために、あえて審判を行う必要性がないこと(例えば、非行歴が今までない等)を説明していく必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県西宮市現場助勢事件逮捕されてお困りの方、審判不開始にしてほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県西宮警察署までの初回接見費用:36,300円)