兵庫県篠山市の強制わいせつ致傷事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-23

兵庫県篠山市の強制わいせつ致傷事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

兵庫県篠山市在住のAさん(30代男性)は、以前から思いを寄せていたVさん(20代女性)に対して、後ろから抱き着き、胸を触りました。
Aさんが暴れるVさんの手首を強く押さえつけた結果、Vさんは全治1週間の怪我を負いました。
その後、Aさんは兵庫県篠山警察署強制わいせつ致傷の容疑で逮捕されました。
Aさんの妻は法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強制わいせつ致傷
13歳以上の男女に対して、暴行又は脅迫を用いて、わいせつな行為をし、よって人に怪我をさせた場合、強制わいせつ致傷罪が成立する可能性があります。
強制わいせつ致傷罪を犯した場合には、無期又は3年以上の有期懲役に処される可能性があります。
なお、怪我の結果はわいせつ行為から生じた場合だけでなく、本事例のように、手段である暴行・脅迫から生じた場合も含みます。
また、暴行・脅迫と死傷の結果との間に相当因果関係があればよいとされるので、判例では、被害者が逃走中に転んで怪我をした場合でも、強制わいせつ致傷が適用されています。
なお、強制わいせつ致傷罪は非親告罪であるので、起訴する際に告訴の有無は問われません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県篠山市強制わいせつ致傷事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県篠山警察署までの初回接見費用:48,400円)