兵庫県宍粟市の痴漢事件 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

2016-11-04

兵庫県宍粟市の痴漢事件 不起訴獲得の刑事事件専門の弁護士

兵庫県宍粟市に住むAさん(30代男性)は、電車内で高校生のVさん(17歳女子)の臀部を触りました。
Vさんが抵抗したので、Aさんはその場で痴漢の容疑で現行犯逮捕されました。
Aさんの妹は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

痴漢について】
痴漢行為については、地方自治体が定める条例によって禁止されています。
兵庫県では、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(以下、迷惑防止条例と表記)」が定められており、痴漢行為をした場合には、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。
なお、常習性が認められた場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処されるかもしれません。

不起訴獲得のために】
本事例のAさんは自身の罪を認め、真摯に反省をしています。
Aさんに依頼された弁護士不起訴獲得のために、示談交渉に動きました。
示談では、被疑者が一定の金銭を被害者に支払う代わりに、「被疑者を許す」・「民事上も争わない」等といった内容に同意する書面等を交わします。
本事例のVさんは未成年であり、実際に示談を行なう場合には、保護者が登場します。
保護者の処罰感情が強く、なかなか示談を応じていただけないケースも多くあります。
本事例では、弁護士は粘り強く交渉を重ね、示談が成立し、不起訴処分を獲得することができました。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県宍粟市の痴漢事件で不起訴獲得したい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県宍粟警察署までの初回接見費用はお電話でお問い合わせください)