兵庫県相生市の刑事事件で逮捕 わいせつ物頒布事件に強い弁護士

2016-07-09

兵庫県相生市の刑事事件で逮捕 わいせつ物頒布事件に強い弁護士

Aさん(20代女性)は、兵庫県相生市内の自宅にて撮影した自身の全裸写真を、誰でも見ることができるインターネット掲示板に複数回にわたって載せました。
その後、Aさんは兵庫県相生警察署わいせつ物頒布罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの母親は今後どうすればよいかを聞くために、刑事事件を専門に扱っている法律事務所の弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

わいせつ物頒布罪とは>
わいせつ物頒布罪は、公共の場だけでなく、インターネット上でわいせつな画像を配布した場合にも成立します。
本事例のように、全裸の写真を不特定多数の人が見ることができる掲示板に載せる行為は、わいせつな画像を「公然に陳列した」と評価され、わいせつ物頒布罪にあたる可能性が高いです。
なお、わいせつ物頒布罪は平成23年に改正され、わいせつな画像をメール等で不特定または多数の人に送る行為も、処罰対象に含まれるようになりました。

わいせつ物頒布罪逮捕されてしまったら>
わいせつ物頒布罪の保護法益は「健全な性秩序」です。
つまり、わいせつ物頒布罪は、わいせつな画像等を見た不特定多数の人を守るためではなく、健全な社会を守ることを目的としていると言えます。
そのため、わいせつな画像を受け取った相手と示談を行なったとしても、不起訴や執行猶予を獲得できるか否かは一概に断言できません。
わいせつ物頒布罪逮捕されてしまった場合、弁護士に「軽微な事件であること」・「前科がないこと」等をしっかり主張してもらい、不起訴や執行猶予を目指していきましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士が多数在籍し、無料法律相談や接見サービスも行なっています。
兵庫県相生市わいせつ物頒布事件で逮捕されてしまった方・不起訴を獲得したい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県相生警察署までの初回接見費用:42,660円)