神戸市西区の職務強要事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-02

神戸市西区の職務強要事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

神戸市西区のAさんは、市役所で生活保護の申請を行なう際に「申請を許可しなければ、おまえを殺してやる」と暴言を吐きました。
その後、Aさんは兵庫県神戸西警察署職務強要の容疑で逮捕されました。
Aさんの妹は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

職務強要罪とは】
公務員に対して、ある処分をさせるために、脅迫を加えた者は職務強要罪にあたる可能性があります。
なお、職務強要罪は暴行・脅迫を加えた段階で既遂となるので、結果としてその目的が必ずしも達成されたことは必要ありません。
職務強要罪とよく似た罪で、強要罪というものがありますが、こちらは義務のないことを行なわせた段階で既遂となります。

職務強要罪で逮捕されたら】
戦前に、わが国で、何の罪もない人々が不当な逮捕・取調を受けてきた歴史を鑑みて、憲法や刑事訴訟法には、逮捕された被疑者にかかるいくつかの権利を定めています。
その中の一つに「接見交通権」があります。
被疑者は他の人の立ち合いなく、弁護士と面会し、書類等の授受を行うことができます。
逮捕段階では、ご家族が面会することはできませんが、弁護士なら可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市西区職務強要事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県神戸西警察署までの初回接見費用:37,400円)