Archive for the ‘財産犯事件’ Category

【お客様の声】兵庫県内の窃盗事件 情状弁護で執行猶予判決

2017-06-16

【お客様の声】兵庫県内の窃盗事件 情状弁護で執行猶予判決

■事件概要
 ご依頼者様の息子様(20代、柔道整復師、前科前歴等なし)が勤務先で客から現金やクレジットカードを盗んだ事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、義理の娘様から息子様が逮捕されたとの連絡を受け、本事件について事件について信じられない気持ちがあるのと同時に、息子様のことが心配になり、当事務所の弁護士に接見を依頼されました。息子様の真面目で温厚な性格から何か事件を起こすなど信じることが出来ず、とても困惑されておられました。接見依頼を受けた弁護士は、すぐに息子様が収容されている留置場に向かい、接見を行ないました。即日、ご依頼者様に対する接見報告を行い、事件の詳細や今後の手続きの流れを丁寧に説明しました。被害者がいる事件では、何よりも被害者との示談交渉が重要であることをお伝えすると、当事務所の弁護士を信頼してくださり本事件に対する刑事弁護活動を依頼されました。
 担当弁護士は直ちに被害者との示談交渉に取り掛かりました。迅速かつ適切な対応により、弁護士は逮捕から約1週間で被害者様と示談を締結することに成功しました。しかし、息子様との接見から、息子様はギャンブルに大金をつぎ込んでしまい、多額の借金があったようで、その返済のために窃盗行為に及んでいたことが分かりました。同種の余罪も複数あり、取調べ対応などのアドバイスにより、余罪立件は最小限に留めましたが、窃盗2件で起訴されました。そこで、再発防止策としてご依頼者様やご家族様とも相談したうえで、ギャンブル依存症の更生施設に入所し、息子様の更正・再犯防止を図ることにしました。余罪の調べのため1か月の間勾留されていた息子様を身柄解放すべく、弁護士は余罪の追起訴後すぐに保釈請求をし、息子様が真摯に反省していることや被害者との示談が成立していること、そして更正に向けてギャンブル依存症の更生施設に入所する予定であることを裁判所に主張しました。結果、保釈請求は認められ、息子様は即日釈放されることとなりました。
 公判では、施設の担当者が情状証人として、息子様が真面目に施設における更正プログラムに取り組んでおられる様子を証言していただき、息子様がしっかりと事件や自分自身と向き合い、更正の可能性が高いことを裁判官に提示しました。このような情状弁護の結果、裁判官は執行猶予付き判決を言い渡し、本事件を終了させました。執行猶予が付いたことにより、息子様は更生施設を後にすることなく、引き続き施設において更正プログラムを継続させることが出来、新しい生活に向けて一歩一歩進んでいらっしゃいます。

兵庫県宝塚市のひったくり事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2017-06-02

兵庫県宝塚市のひったくり事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

兵庫県宝塚市の路上で女性やお年寄りを狙ったひったくり行為を行なった疑いで、Aさんは兵庫県宝塚警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
同様のひったくりを複数行なっており、前科もあるAさんは、刑務所に入るのだけは避けたいと思い、刑事事件に強い弁護士を探しています。
(フィクションです)

ひったくり
ひったくりとは、物を持ち歩いている歩行者や、前かごに荷物を入れている自転車に近づき、すれ違ったり追い抜いたりする瞬間に、その物を奪って逃亡する行為です。
手法としては、オートバイ・自転車・徒歩で背後から近づき、手にもっているバッグや、自転車の前かごに入れてあるカバンを奪って逃げるというものが大半です。
狙われやすいのは、抵抗力があまりない女性やお年寄りで、発生時間帯は夕方から深夜にかけて多いようです。
ひったくり行為は、主に窃盗罪として取り扱われることになります。
窃盗罪とは、「他人の財物を窃取すること」と刑法で定められています。
他人の物を故意に許可なく持っていくことや使用する犯罪行為をいいます。
窃盗罪で起訴された場合には、10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

先述のように、ひったくりは窃盗罪として刑事手続きが行われることが多いです。
しかし、被害者を突き飛ばし荷物を奪ったり、抵抗する被害者を引きずり暴行を加えてしまった場合には、強盗罪として処理される可能性が出てきます。
強盗罪の法定刑は、5年以上の懲役となっています。
そして、暴行を加えたことにより被害者が怪我をしてしまった場合、強盗致傷罪が成立する可能性もあります。
強盗致傷罪は、無期または6年以上の懲役となっており、非常に重い罰則が設けられています。

以上のように、窃盗罪で起訴されるのと、強盗・強盗致傷罪で起訴されるとでは、実刑判決を受ける可能性もかなり違います。
ひったくり事件で逮捕されたら、すぐに刑事事件に強い弁護士に依頼し、窃盗罪として刑事手続きを行うよう捜査機関に説得的に主張してもらうことが必要です。

あいち刑事事件総合法律事務所は、数多くの刑事事件を扱っています。
その豊富な経験や知識に基づき、事件ごとに適した弁護活動を行ないます。
兵庫県宝塚市のひったくり事件でご家族が逮捕されてしまいお困りの方、是非あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県宝塚警察署までの初回接見費用:39,100円)

兵庫県神崎郡神河町の万引き事件で逮捕 余罪捜査による勾留延長阻止に強い弁護士

2017-05-30

兵庫県神崎郡神河町の万引き事件で逮捕 余罪捜査による勾留延長阻止に強い弁護士

兵庫県神崎郡神河町にあるスーパーで商品を万引きしたとして、Aさんは警備員に現行犯逮捕されました。
兵庫県神崎警察署に連行されたAさんは、窃盗容疑で取調べを受けました。
他にも余罪があるので、身体拘束が長引かないかAさんは心配しています。
(フィクションです)

万引き
万引きは、他人の物を断りなく持ち帰る行為で、窃盗罪に該当します。
窃盗罪とは、「他人の財物を窃取」する犯罪行為です。
窃盗罪で起訴された場合、10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

余罪捜査】
ある事件で逮捕・勾留されている場合に、余罪の捜査が行われることがあります。
余罪とは、現に取り調べている、又は、起訴されている罪以外の罪で、同一人において同時起訴の可能性があるものをいいます。
その場合、追起訴のための捜査という理由で、すでに起訴済みの事件の勾留が続けられることが問題となります。

勾留延長
勾留期間は原則10日間ですが、「やむを得ない事由」が存在する場合には、勾留期間を延長(勾留延長)することができます。
「やむを得ない事由」とは、
①捜査を継続しなければ、検察官が事件を処分できない、
②10日間の勾留期間内に捜査を終えれなかったことが認められる、
③勾留を延長すれば捜査の障害が取り除かれる見込みがある、
以上が全て満たされる場合だと言われています。
単に余罪捜査の必要というだけで「やむを得ない事由」に該当するとは言えません。
余罪の捜査をしなければ、勾留の基礎となっている被疑事実について処分を決定することができない場合には、「やむを得ない事由」に該当する可能性もあります。

あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の法律事務所であり、勾留延長阻止を含めた身柄解放を求める刑事弁護活動も多数承っております。
兵庫県神崎郡神河町万引き事件でご家族が逮捕・勾留されてしまったとお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県神崎警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わ

兵庫県相生市の昏睡強盗事件で逮捕 実刑判決を回避する刑事事件専門の弁護士

2017-05-27

兵庫県相生市の昏睡強盗事件で逮捕 実刑判決を回避する刑事事件専門の弁護士

兵庫県相生市にある飲食店で、客に睡眠薬入り酒を飲ませ、現金や腕時計などを奪ったとして、兵庫県相生警察署はAさんを昏睡強盗容疑で逮捕しました。
容疑を認めているAさんは、少しでも量刑が軽くなることを希望しています。
(フィクションです)

昏睡強盗罪】
昏睡強盗罪とは、人の意識作用に障害を生じさせ、反抗できない状態に陥れて財物を盗取する犯罪行為です。
実質的には相手方の反抗を抑圧して、財物を奪取する点で強盗罪と異ならないので、強盗として扱われます。
ですので、法定刑の適用も、強盗罪と同様の5年以上の有期懲役となります。
昏睡強盗の場合、自分で相手を昏睡状態にさせることが要件となるので、相手が勝手に酔っぱらっている状態のときに、財布を奪った場合には、昏睡強盗罪は成立しないことになります。

実刑判決】
実刑判決とは、懲役刑・禁錮刑によって、判決後直ちに刑務所に収監されてしまう判決のことを言います。
一方、実刑判決と同じく有罪判決ではある点では同じなのですが、刑を受けた人物が執行猶予期間中に犯罪を犯すことがなければ、宣告された懲役・禁錮刑はなかったものにする執行猶予付き判決があります。

昏睡強盗罪も通常の強盗罪と同様に、刑法犯の中でも想い犯罪に当たるとされています。
そのため、被害金額が少なくても、起訴される可能性が高く、犯行態様や被害金額などによっては、初犯であっても、実刑判決を受ける可能性も十分あります。
執行猶予付き判決を得るためには、適切な弁護活動を行う必要があります。
強盗罪では、犯行の手口、暴行・脅迫の程度、犯行動機等が量刑に大きく影響するといわれています。
これらの点で何か有利な点があれば、弁護士がその点を法的に解釈し、説得的に主張していくことになります。
また、被害者がいる強盗罪の場合には、被害者に対する被害弁償や示談交渉が重要となってきます。
被害者に対する被害弁償、被害者との示談を成立させ許しを得ることがとても大事です。
以上のような点が、起訴されてしまった場合にも、裁判官が量刑を検討する際の考慮材料となり、実刑判決を回避できる可能性が高まります。

兵庫県相生市昏睡強盗事件で逮捕されてお困りの方、なんとか実刑判決を回避したいとお考えの方、一度あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県相生警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせ下さい)

兵庫県揖保郡太子町のタクシー強盗事件で緊急逮捕 刑事事件に強い弁護士

2017-05-25

兵庫県揖保郡太子町のタクシー強盗事件で緊急逮捕 刑事事件に強い弁護士

兵庫県揖保郡太子町でタクシーに乗ったAさんは、運転手にナイフを突きつけ売上金を渡すよう要求しました。
運転手は、Aさんを説得し、警察に自首するよう勧めました。
説得を受け自らの行為を反省したAさんは、兵庫県たつの警察署に出頭したところ、同署の警察官に強盗の容疑で緊急逮捕されました。
(実際に起こった事件ですが、地名を修正しています)

強盗罪】
強盗とは、暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取する犯罪行為です。
ここでいう「強取」とは、暴行・脅迫を用いて相手方の反抗を抑圧し、その意思によらず財物を自己または第三者の占有に移す行為をいいます。
強盗罪で起訴された場合、5年以上の有期懲役が科せられる可能性があり、非常に重い罪となっています。

緊急逮捕
逮捕は、原則として、裁判官に逮捕状を請求し、逮捕状を被疑者に示したうえで、被疑者の身柄を拘束する「通常逮捕」によって行われます。
しかし、逮捕状を請求しているうちに、被疑者が逃亡するおそれがある際、逮捕状なしに逮捕をすることが出来る場合があります。
「現行犯逮捕」と「緊急逮捕」です。
緊急逮捕とは、一定以上の重大な罪の嫌疑が高い場合に、急を要して、裁判官の逮捕状を求めることができないときに、例外的に捜査機関が逮捕理由を告げて、被疑者の身柄を拘束することです。
緊急逮捕が行なえる条件は、
①死刑又は無期若しくは長期3年以上の懲役若しくは禁錮にあたる罪を犯した、
②そのものが前述の罪を犯したことを疑うに足りる十分な理由があること、
③急速を要し、裁判官の逮捕状を求めることができないこと、 です。
③の要件は、逮捕しなければ、被疑者が逃亡または罪証隠滅をするおそれがあるため、裁判官から逮捕状を発布してもらう時間がないことをいいます。

緊急逮捕後は、直ちに裁判官の逮捕状を請求する手続きをしなければなりません。
逮捕状を請求された裁判官は、事後的に、緊急逮捕の条件を満たしているか、逮捕を続ける理由があるかについて審査し、これらの条件を満たしていないと判断すれば、逮捕された人は釈放されます。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門に扱う法律事務所です。
数多くの刑事事件を取り扱った経験に基づき、当事務所所属の刑事事件専門の弁護士が迅速かつ適切な弁護活動を行います。

兵庫県揖保郡太子町タクシー強盗事件でご家族が緊急逮捕されてお困りの方、一度あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県たつの警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせ下さい)

兵庫県神戸市灘区の置き引き事件で逮捕 勾留回避で事件の発覚を防ぐ少年事件専門の弁護士

2017-05-19

兵庫県神戸市灘区の置き引き事件で逮捕 勾留回避で事件の発覚を防ぐ少年事件専門の弁護士

兵庫県神戸市灘区にある学校に通うAくん(16歳)は、通学中の電車内で横に座った乗客のカバンを持ち去ったとして、駅員に現行犯逮捕されてしまいました。
兵庫県灘警察署から連絡を受けたAくんの両親は、早期に釈放され事件が学校に発覚すること心配し、少年事件専門の弁護士を探しています。
(フィクションです)

置き引き
置き引きとは、置いてある他人の荷物を持ち逃げすることです。
置き引きとは、刑法上の用語ではなく、実務上は窃盗の一形態として取り扱われています。
ただし、財物が被害者の占有を離れていた場合には、占有離脱物横領罪に、被害者の占有の下にある場合には窃盗罪に問われることになります。
判例では、被害者が公園のベンチに財布を置いて約27メートル離れた時点で被告人が当該財布を領得した事案について以前被害者の占有は失われていないとして窃盗罪の成立を認めたものもあります。
窃盗罪は、他人の財物を窃取する犯罪行為をいい、10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される可能性があります。

勾留
捜査段階では、少年事件であっても、基本的に刑事訴訟法が適用されるので、犯罪少年(14歳以上)の事件は、捜査機関が捜査することになり、成人事件の場合と同じく、被疑者として逮捕勾留されることになります。
しかし、成人にとっても身体拘束は重大な不利益となりますが、心身ともに未熟で発達途上である少年にとっては、成人以上に大きな影響を与えることになるでしょう。
また、長期の身体拘束により、学校に事件のことが発覚し、退学処分となるおそれもあります。
身体拘束は少年に重大な不利益を及ぼし得るものであり、特に勾留による身体拘束は長期間であり、刑事施設での勾留は少年の心身に及ぼす影響は大きいと言えるでしょう。
そこで、少年法は、少年の勾留について、①勾留についての特則(勾留の要件、勾留場所、勾留の裁判をする裁判所)や、②勾留に代わる観護措置制度を設けています。

勾留の要件、勾留場所、勾留の裁判をする裁判所
少年を勾留する場合は、成人と同様の勾留要件を満たしていることに加え、「やむを得ない場合」であることが必要とされます。
勾留場所については、少年鑑別所とすることができます。
また、少年を警察署の留置施設で勾留する場合も、少年への影響を考慮し、成人とは分離されます。
勾留に代わる保護措置
勾留に代わる観護措置の手続きは、基本的に勾留に関する規定が準用されますが、以下の点が勾留と異なります。
・身体拘束処分のほか、家庭裁判所調査官による観護の方法もとることができる。
勾留に代わる観護措置の期間は、検察官の請求の日から10日であり、延長できない。
勾留に代わる観護措置として少年鑑別所に収容された事件が家庭裁判所に送致された場合、当然に送致後の少年鑑別所収容の観護措置とみなされる。

兵庫県神戸市灘区置き引き事件でお子様が逮捕されてしまったご家族の方、少年事件を専門に扱うあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
少年事件に経験豊富な弁護士が、迅速かつ適切な弁護活動を行います。
(初回の法律相談:無料、兵庫県灘警察署までの初回接見費用:35,600円)

兵庫県芦屋市の強盗事件に強い弁護士 共犯のいる少年事件で弁護活動

2017-05-12

兵庫県芦屋市の強盗事件に強い弁護士 共犯のいる少年事件で弁護活動

兵庫県芦屋市に住むAくん(16歳)は、深夜に路上の見知らぬ男性に強盗を働いたとして、兵庫県芦屋警察署からやって来た警察官に逮捕されてしまいました。
共犯の友人Bくんは、先に逮捕され、Bくんの供述からAくんの身元が発覚したようです。
事件を知ったAくんの両親は、少年事件専門の弁護士を探しています。
(フィクションです)

強盗罪】
強盗とは、暴行または脅迫を用いて、他人の財物を強取する犯罪行為をいいます。
強盗罪で起訴された場合、5年以上の有期懲役が科される可能性があります。
暴行・脅迫は、相手方の反抗を抑圧するに足りる程度のものであることを必要とします。

共犯
共犯とは、複数人が同一の犯罪に関与する形態をいいます。
そして、共犯は、必要的共犯と任意的共犯に分類されます。
必要的共犯とは、はじめから単独では実行できない犯罪の形態をいい、例えば、内乱罪や騒乱罪は、一緒になって暴動や暴行・脅迫をする仲間がいなければ成立しないですし、賄賂は贈賄者がいないと収受できません。
一方、任意的共犯は、条文上単独の行為者が想定されている犯罪を、二人以上の行為者によって実現する場合をいいます。(広義の共犯
任意的共犯には、共同正犯、教唆犯、幇助犯の3種類があります。
①共同正犯:2人以上共同して犯罪を実行した場合、すべての者が正犯(自ら犯罪を行なう者)となり、別の共犯者の行為やその結果についても責任を負うこととなります。
②教唆犯:人をそそのかして(教唆して)犯罪を実行させた者をいい、正犯と同じ刑が科されます。
③幇助犯:正犯を幇助した者のことをいいます。幇助とは、正犯でない者が正犯の実行を容易にすることを意味し、犯罪に使用される凶器などを用意することや、正犯者そ精神的に幇助することも含まれます。

少年事件では、家庭や学校で疎外感を感じている場合、似通った境遇にある者同士が集まり、非行を共同で行う場合が少なくありません。
その場合、少年の更生に向けて、家庭環境を改善したり、仲間や組織と縁を切ったりと、環境調整を行うことも弁護士の重要な弁護活動のひとつとなります。

兵庫県芦屋市強盗事件でお子様が逮捕されてお困りの方、一度あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
少年事件を専門に扱っておりますので、その豊富な経験やノウハウに基づき、少年の更生に向けた適切な活動を行います。
(初回の法律相談:無料、兵庫県芦屋警察署までの初回接見費用:35,500円)

兵庫県多可郡多可町の詐欺事件で逮捕 接見禁止一部解除を目指す刑事事件専門の弁護士

2017-05-05

兵庫県多可郡多可町の詐欺事件で逮捕 接見禁止一部解除で家族との面会を実現する刑事事件専門の弁護士

兵庫県多可郡多可町に住むAは、知人らと共謀し、クレジットカードが他人に使用されている旨の電話をし、被害者らのクレジットカードをだまし取っていました。
兵庫県西脇警察署逮捕されたAは、接見禁止となっており、Aの家族は面会できず、心配になって刑事事件専門の弁護士に相談にやってきました。

詐欺罪】
詐欺罪とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする犯罪行為のことをいいます。
つまり、詐欺が成立するには、以下の4つの要件とそれらの因果関係があることが必要となります。
①騙す行為:犯人が相手から財物を得るために相手を騙していることが前提になります。
②被害者の錯誤:犯人の騙す行為によって、相手側が告知された内容を事実だと勘違いすることが必要です。
③被害者による処分行為:勘違いした被害者から、犯人に対して、財物を処分(交付)することが必要です。
④財物の移転:被害者による処分行為により、実際に被害者から犯人に対して財物が渡されることも必要です。
以上の4点に因果関係があれば、詐欺罪が成立します。
詐欺罪で起訴された場合、10年以下の懲役が課される可能性があります。
組織的な詐欺事件の場合には、組織的犯罪処罰法によって懲役1年以上と罪が重くなります。

接見禁止命令】
接見禁止命令とは、裁判所が、拘留中の被疑者に対し、面会、書類や物の受け渡し、手紙のやり取りなどを禁止する処分のことをいいます。
接見禁止命令がなさると、1日1回の家族との面会も一切できなくなってしまいます。
接見禁止になる3つの理由としては、
①逃亡のおそれがある、
②被疑者が容疑を否認している、
③組織犯罪の可能性がある、 です。
弁護士は、接見禁止処分の解除申し立てを行い、家族との面会を許してもらえるよう活動します。

なお、弁護士であれば、たとえ接見禁止処分を受けていても、面会することができます。
外界と遮断された被疑者に、家族の様子や会社のことについても伝えることができます。
また、弁護士との面会は時間制限もなく、警察官の立ち合いもないため、自由に事件内容について話すことが可能です。

兵庫県多可郡多可町詐欺事件で逮捕・勾留され、接見禁止処分を言い渡されてしまいお困りの方、是非あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県西脇警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせ下さい)

兵庫県西脇市の横領事件 家宅捜索・差押えに強い刑事事件専門の弁護士

2017-04-29

兵庫県西脇市の横領事件 家宅捜索・差押えに強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県西脇市にあるレンタカー会社で車を1か月契約で借りていたAは、借りていた車を勝手に第三者に売ってしまいました。
レンタカー会社から連絡を受けた兵庫県西脇警察署は、Aに取調べに応じるよう要請しました。
取調べ後に、後日家宅捜索する旨を伝えられたAは、あいち刑事事件総合法律事務所に相談しにやってきました。
(フィクションです)

【単純横領罪】
横領罪には、3つの類型があります。
①単純横領罪、②業務上横領罪、③遺失物横領罪、の3つです。
単純横領罪とは、「自己の占有する他人の物を横領」することをいいます。
単純横領罪で起訴された場合、5年以下の懲役が課される可能性があります。
「占有」とは、物に対して事実上又は法律上支配力を有する状態のことをいいます。
「横領」とは、委託された他人又は公共の物を不法に自分の物として処分することです。

家宅捜索・差押え】
捜査機関は、物的証拠を収集・保全するために、捜索・差押えの処分をすることが出来ます。
捜索」とは、人の身体、物、または住居その他の場所について調べることを言います。
また、「差押え」とは、物の占有をその所有者や保管者から強制的に取得することです。
これらの処分は、相手方の承諾が得られ、又は何人の承諾も必要がない場合に、任意処分として行うことが出来ますが、そうでない限りは、強制処分として、裁判官の令状を得たうえで実施することが原則となります。
捜査機関は、何でもかんでも差押えができるわけではありません。
令状によって差押えができるのは、令状記載の物件であり、且つ被疑事実と関連するものに限られます。

警察から任意同行や出頭を求められた時点で弁護士に相談し、一定の条件を満たせば(つまり、住居主の「代わるべき者」(刑事訴訟法114条2項前段)になれば),被疑者段階(起訴前の段階)の自宅の捜索差押えに立ち会うことができます。
また、公判開始後の家宅捜索の場合は、弁護士には立ち会う権利があります。

警察が自宅にやってきて、家の中を捜索されることは、普通の生活では体験することがないですから、家宅捜索・差押えの際に適切に対応することがなかなか難しいことだと思います。
ですので、捜索・差押えが実施される可能性がわかった時点ですぐに、それらの処分に詳しい弁護士に相談することによって、適切な対処方法を聞くことが重要です。

兵庫県西脇市横領事件でお困りの方、捜索・差押えに強い刑事事件専門の弁護士が所属するあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県西脇警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせ下さい)

兵庫県三木市の恐喝未遂事件で逮捕 少年の更生に向けた環境調整に強い少年事件専門の弁護士

2017-04-28

兵庫県三木市の恐喝未遂事件で逮捕 少年の更生に向けた環境調整に強い少年事件専門の弁護士

兵庫県三木市に住むAさん(17歳)は、交際相手のBと、自分の父親がヤクザなどと嘘をついて、知人のCから金を脅し取ろうとした疑いで、兵庫県三木警察署逮捕されました。
Aさんの両親は、しっかりと更生してほしいと思い、少年事件専門の法律事務所に相談に来ました。
(フィクションです)

恐喝未遂罪】
恐喝とは、人を恐喝して、他人の財物を交付させる犯罪行為をいいます。
恐喝」は、脅迫又は暴行を手段として、その反抗を抑圧するにたりない程度に相手方を畏怖させ、財物の交付を要求することです。
恐喝行為を開始したときが、その実行の着手時期であり、被害者の占有を排除し、財物に行為者自身又は第三者の占有を設定したときに犯罪が実現し、実行行為が完成(既遂)したこととなります。
これに対して、犯罪の実行に着手したが、これを遂げなかった場合には、犯罪行為の「未遂」となり、刑の減刑、又は、自らの意思により犯罪を中止した場合には、減刑若しくは刑の免除がなされる可能性があります。
未遂を罰する場合は、刑法で定めてあるものに限られおり、すべての犯罪について未遂が処罰されるわけではありません。
恐喝罪で起訴された場合、10年以下の懲役が課される可能性があります。
その未遂罪も刑法第250条で規定されているので、恐喝未遂も処罰の対象となります。

環境調整
少年事件の付添人に期待される大きな役割の一つが、「環境調整」です。
環境調整とは、保護者の関係の調整、就業先の開拓、帰住先の確保など、少年の社会復帰を円滑にすることを目的に、少年をとりまく環境を調整することをいいます。

少年の「要保護性」の解消を目指すためには、付添人は、上記の環境調整だけでなく、少年の内面への働きかけや被害者対応等、様々な活動が期待されます。
少年保護事件では、非行事実に加えて「要保護性」も審判の対象となります。
「要保護性」とは、①少年の性格や環境に照らして将来再び非行に陥る危険性があること、②矯正可能性、③保護相当性が認められることをいいます。
非行事実が軽微なものであっても、要保護性が高い場合には、少年院送致等の身体拘束を伴う処遇が選択されることもあります。
逆に、非行事実が重いものであっても、要保護性が解消され、社会内での更生を図ることが少年の健全育成のために望ましいと判断されると、社会内処遇が選択されることもあります。
ですので、少年事件において、環境調整は非常に重要で、非行事実に争いのない場合には、環境調整活動が審判に向けて付添人として行う活動の大半を占めることになります。

あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件を専門とする法律事務所です。
少年事件に豊富な経験を持つ専門の弁護士が、少年の更生に向けて迅速かつ丁寧な弁護活動を行ないます。
兵庫県三木市恐喝未遂事件でお子様が逮捕されてしまってお困りの方、一度あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県三木警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせください)

« Older Entries