兵庫県丹波市のセクハラで強制わいせつ事件 刑事事件で弁護士に相談

2018-05-19

兵庫県丹波市のセクハラで強制わいせつ事件 刑事事件で弁護士に相談

兵庫県丹波市にある飲食店で働くAさんは、上司のBさんに日頃から厨房など狭いところですれ違うたびに身体に触れられるなどしており、Bさんと意識的に距離を置くようにしていました。
ある夜、他の従業員数名とBさんとで、居酒屋へ行った際、BさんがAさんに無理やりキスしてきました。
Aさんは翌日、兵庫県丹波警察署に被害届を出し、Bさんは警察から呼び出しを受けました。
(フィクションです)

セクハラ刑事事件に発展!】
最近では、海外セレブによるセクハラ告発が相次ぎ、セクハラ撲滅への運動が活発になっています。
セクハラとは、セクシャルハラスメント(sexual harrassment)の略で、性的嫌がらせを意味する言葉として使用されています。
日本の法律では、セクハラ罪なるものを規定してはいませんが、セクハラ行為が犯罪に該当した場合には、刑事責任が問われる可能性があります。

《強制性交等罪》
暴行や脅迫によって、相手の反抗を押さえつけて性交渉等を行なった場合には、「強制性交等罪」が成立する可能性があります。
また、飲み会で泥酔した空いてと性交渉した場合には、「準強制性交等罪」に問われることになるでしょう。
「強制性交等罪」及び「準強制性交等罪」の法定刑は、5年以上の有期懲役です。
強制わいせつ罪》
相手の身体を無理やり触り、性的な行為をした場合や、無理やりキスした場合には、「強制わいせつ罪」に、相手が泥酔している等抗拒不能に乗じて又は抗拒不能にさせてわいせつ行為に及んだ場合には、「準強制わいせつ罪」が成立する可能性があります。
強制わいせつ罪」及び「準強制わいせつ罪」の法定刑は、6月以上10年以下の懲役です。

《傷害罪》
セクハラ行為により相手がうつ病やPTSDなどになった場合、「傷害罪」が成立する可能性があります。
本罪で言う「傷害」は、人の生理的機能に障害を加えることと解されるので、身体的害に限定されません。
「傷害罪」の法定刑は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

《名誉毀損罪・侮辱罪》
他の社員等の面前で、わいせつな言葉を投げかけた場合には、「名誉毀損罪」又は「侮辱罪」に問われることがあります。
「名誉毀損罪」の法定刑は、3年以下の懲役もしくは禁錮または50蔓延以下の罰金、「侮辱罪」は拘留または科料です。

《迷惑防止条例違反》
相手の身体を触ったりした場合、その態様によって、「迷惑防止条例違反」に該当する可能性があります。
本罪の法定刑は、6月以下の懲役または50万円以下の罰金となりますが、常習の場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

セクハラ行為全てが犯罪となるわけではありませんが、場合によっては刑事責任が問われることもあります。
そのような場合には、被害者との示談を成立させることがその後の処分に大きく影響することになります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とする法律事務所です。
所属弁護士は、これまで数多くの刑事事件を取り扱ってきており、被害者の方との示談交渉にも豊富な経験を有しています。
兵庫県丹波市セクハラ問題で、強制わいせつの容疑で刑事事件に巻き込まれてお困りであれば、一度弊所にご相談下さい。