兵庫県加古郡播磨町の傷害事件で現行犯逮捕 釈放に動く弁護士

2018-10-30

兵庫県加古郡播磨町の傷害事件で現行犯逮捕 釈放に動く弁護士

兵庫県加古郡播磨町の居酒屋で、Aさんは友人と楽しく飲んでいましたが、絡んできた男性Vさんに対して苛立ちが収まらず、Vさんを殴って怪我をさせてしまいました。
店員が通報し、Aさんは駆け付けた兵庫県加古川警察署の警察官に傷害容疑で現行犯逮捕されました。
酔いが冷めたAさんは、自身の行為を反省しており、何とかすぐに釈放されないか悩んでいます。
(フィクションです)

傷害事件で逮捕されたら~早期釈放に向けた弁護活動~

傷害事件における主な弁護活動は、被害者対応と身柄解放活動です。

傷害事件で逮捕された場合、逮捕後、警察署で警察からの取調べを受けることになります。
逮捕から48時間以内に、警察は被疑者を釈放するか、検察に事件を送致するかを決定します。
事件が検察に送致されると、検察は被疑者の身柄を受けた時から24時間以内に、被疑者を釈放するか勾留請求をするかを判断します。
検察が勾留請求した場合、裁判所は被疑者を勾留すべきか否かを判断し、勾留が決定されると、検察が勾留請求した日から原則10日間、延長されると20日間身柄が拘束されることになります。
勾留されてしまうと、逮捕から13日もの間、被疑者は仕事や学校に行くことが出来ませんので、最悪の場合、解雇や退学となってしまう可能性があります。
そのような事態を避けるためにも、早い段階から弁護士に相談し、早期釈放に向けた身柄解放活動を依頼することが重要です。
弁護士は、勾留前であれば、検察官や裁判官に勾留しないよう意見書を提出したり、勾留が決定した後にはその決定を取り消すよう裁判所に対して申立を行う等、身柄解放活動を行います。

このような身柄解放活動は、刑事事件に精通した弁護士に任せることをお勧めします。
刑事事件を専門とする弁護士であれば、勾留の理由や必要性がないことを客観的な証拠に基づき説得的に主張することが期待できるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門に扱う法律事務所です。
兵庫県加古郡播磨町傷害事件でご家族・ご友人が逮捕されてお困りであれば、今すぐ弊所にご相談ください。
詳しくは、フリーダイアル0120-631-881までご連絡ください。
兵庫県加古川警察署までの初回接見費用:39,300円