兵庫県多可郡多可町の虐待事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士に相談

2018-11-07

兵庫県多可郡多可町の虐待事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士に相談

兵庫県多可郡多可町の自宅で、子供(2歳)に暴行し、頭に怪我を負わせたとして、兵庫県西脇警察署は女児の父親のAさんを逮捕しました。
Aさんは、言うことを聞かない女児に対し行き過ぎたしつけをしたと供述しています。
(フィクションです)

しつけ?虐待?家庭内暴力で刑事事件

どこからが虐待で、どこまでがしつけであるのか、その線引きが困難な場合があります。
虐待と思われる行為を行った者にとっては、しつけの一環として子供に手を挙げたと主張することも少なくありません。

子供に対する虐待については、児童虐待の防止等に関する法律(以下、児童虐待防止法)があります。
児童虐待防止法では、児童虐待を以下のように定義しています。
①児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。
②児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。
③児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による①②④の行為と同様の行為の放置その他の保護者としての観護を著しく怠ること。
④児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、児童が同居する過程における配偶者に対する暴力その他の児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

このような虐待行為は、以下のような犯罪に該当する可能性があります。
①身体的虐待:暴行罪、傷害罪など
②性的虐待:強制わいせつ罪、監護者性交等罪など
③ネグレクト:逮捕監禁罪など
④傷害罪、脅迫罪、強要罪など

虐待事件で逮捕されてしまった場合、加害者は被害者の連絡先や居住地を把握していることが多く、逮捕に引き続き勾留される可能性が高いと言えるでしょう。
勾留されると、検察官が勾留請求をした日から原則10日間(最大で20日間)身柄が拘束されることになります。
事案に応じて、証拠隠滅や逃亡のおそれがないことを主張し、釈放による身柄拘束を解くための活動を行う必要があるでしょう。
どのような活動をするのかは事案によって異なりますので、刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

兵庫県多可郡多可町虐待事件で、ご家族・ご友人が逮捕されてお困りであれば、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
お問い合わせは、0120-631-881まで。