兵庫県川辺郡猪名川町のセクハラで刑事事件 示談で早期解決へ導く弁護士

2018-11-06

兵庫県川辺郡猪名川町のセクハラで刑事事件 示談で早期解決へ導く弁護士

兵庫県川辺郡猪名川町の会社に勤めるAさんは、部下の女性社員Vさんに対して、飲み会で無理やり抱きついたりキスしたりしたとして、会社の上司から話を聞かれました。
Vさんが兵庫県川西警察署に被害届を提出する意向だと聞いたAさんは、なんとか事件を早期解決できないかと弁護士に相談しました。
(フィクションです)

セクハラで刑事事件化に

セクハラが社会問題化している昨今ですが、セクハラ行為が刑事事件に発展することもあります。

そもそも、セクハラとは、セクシャルハラスメントの略で、性的嫌がらせを指す言葉です。
この点、男女雇用機会均等法は、職場での性的な言動をされ労働条件について不利益を被ることや、職場の性的な言動により就業環境が害されることのないよう、会社側に必要な対策を講じるよう求めています。

セクハラ行為も、内容によっては犯罪行為に該当することもあります。
上記のように、上司が部下に対して、無理やり抱きついたりキスをしたりする行為は、「強制わいせつ罪」となる可能性があります。
強制わいせつ罪は、「13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為を」する犯罪です。
また、「13歳未満の男女に対し、わいせつな行為を」することも本罪となります。
セクハラが本罪に該当する場合、その手段が「暴行・脅迫」によりおこなわれたことが必要となります。
求められる暴行・脅迫の程度は、相手方の反抗を著しく困難にさせる程度のものであると理解されています。
つまり、セクハラ行為の内容により、強制わいせつ罪が成立するか否かは異なります。
セクハラ事件で加害者となりお困りであれば、自身の行為が犯罪となるのか、一度刑事事件に強い弁護士に相談されるのがよいでしょう。

また、刑事事件化してしまった場合であっても、被害者との示談成立により早期に事件解決をなる可能性を高めることができます。
円滑な示談交渉を行うため、弁護士を介して行うことをお勧めします。

兵庫県川辺郡猪名川町セクハラ刑事事件となりお困りであれば、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件専門の弁護士にご相談ください。